昔の合コンはもうつまらない

合コンの歴史は実は古く、20年も前には存在していました。昔の合コンは男女の幹事が自分の知り合いや友達を呼んで男女同じ数で居酒屋などで飲み会をする形式でした。 この場合は男女は最初に自己紹介をし、そのあとでみんなで飲み食いをしていい人がいればアドレスや電話番号の交換をするという形式だったのです。 実は昔だけではなく今でもこのような形式での合コンは存在します。 しかしもうこの形式の合コンはつまらないと飽きられてきているのです。 その理由はどうしても似たような面子ばかりになるという点にあります。 いつも合コンをする同性の仲間が同じですと特にその傾向があるのです。また、合コンは必ず男女の人数を合わせなければいけませんので中には彼氏持ちや彼女持ちの人をしぶしぶ入れることがあり、他の参加者に迷惑をかけることも少なくありません。 何よりもお目当ての相手がいなかった場合には時間の無駄になりますし、興味のない人に言い寄られますと断るのにまた精神的な苦痛を感じてしまいます。 全くの他人が相手ではなく知り合いの知り合いというレベルであるからこそ気軽にお断りできないのです。 ですので今ではこのような合コンがよく利用されています。それは合コンのセッティング会社によるものです。 幹事はセッティング会社がしてくれますのでただ自分は参加費用を支払うだけでよくなります。 そして相手も毎回違った雰囲気の人になりますし飽きることはないのです。 またあまり興味のない人に言い寄られたとしても知り合いの知り合いなどではありませんので気を遣うことなくお断りできます。 今ではこのような気軽に利用できる形式が人気なのです。 若い人の中には恋人作りそのものを面倒に思う方もいらっしゃるので非常に理にかなった形式になります。セッティング会社によるものでしたら条件もある程度ありますのでストライクゾーンに入る異性も従来のものに比べるとある程度見つかりやすくなります。

Page Top